ロレックス

ロレックス デイトナ 16520 ポーセリンダイヤルについて詳しく解説

投稿日:2020年12月27日 更新日:

1988年、日本では昭和が終わろうとしている年に手巻きデイトナから自動巻きのデイトナにモデルチェンジします。当時はデイトナはさほど人気のあるモデルでは無かったそうです。やはりクォーツや自動巻きが人気だったのでしょう。ロレックスは自社でクロノグラフムーブメントを開発できなかったのでゼニス社のエルプリメロを改良したCal.4030を搭載し新たなデイトナを発表します。2000年に16520の幕を閉じますが、12年の間で8種類の文字盤のマイナーチェンジがありました。今回はその中でマーク1で最も価値の高いポーセリンダイヤルについて解説していきます。

image credit:bulangandsons.com

最初期の16520のダイヤルにはフローティングダイヤルと言われる「COSMOGRAPH」が上4行から切り離されている、所謂「段落ち」といわれる文字盤になります。その段落ちの中で白文字盤でのみ陶器のようなエナメル調の文字盤を持つものをポーセリンダイヤルと呼びます。

image credit:bulangandsons.com

シリアルでは「R」から「L6」まであります。(※R番でも段落ちMk-1の次の4行Mk-2もあるので全てではない)

ポーセリンダイヤルの特徴としては上にも書いた通りエナメル調で乳白色のような色をしています。文字盤のテキストにはコーティングのようなものがされており、斜めから見ると影が浮かび上がります。

image credit:bulangandsons.com

そしてセリフがあります。特徴的なのはROLEX以下の「E」です。

若干上に飛び出しており、この次のMk2文字盤ではこの特徴は見受けられません。

赤字の「DAYTONA」はその他の文字盤より若干明るい色になっています。それと当たり前ですが逆6です。

image credit:bulangandsons.com

ベゼルには200タキのベゼルが付きます。200タキのベゼルは年代に合っており1988~1989年初頭で使用されています。

image credit:swisstime40.com

16520自体値上がりしており中々手の届かない値段になっていますが、ポーセリンダイヤルはかなり高く1500~2000万ぐらいで売ってます。今後値段は上がっていくと思いますが、如何せん高すぎますね…

 

“歴代手巻きデイトナ解説リスト 6238から6265まで徹底解説!!”

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロレックス ミルガウス 1019の種類について考察してみる

中々モデルチェンジせず、来年こそはモデルチェンジすると言われているミルガウスですが、個人的には2代目の1019の復刻のようなモデルが来てほしいなと思っているところです。 その2代目ミルガウスの1019 …

ロレックス サブマリーナー 5513の種類一覧 ミラーダイヤル マットダイヤル徹底考察

9月に新作が発表されて結構賑わってるサブマリーナーですが、今回はサブマリーナーの中でもかなり人気のある5513について書いてきます。結構長いこと製造されたので色々変わってます。サークルミラー、ミラーに …

ロレックス 17000A,16610TのAとTとは?謎のアルファベット

5桁リファレンスのロレックスで稀に見る17000Aの”A”,16610Tの”T”の謎のアルファベットとは何か、解説します。 image credit:g …

GMTマスターⅡ 126710BLRO ベゼルの色の変化 Mk1 Mk2とは?

バーゼルワールド2018において16710以来のステンレスモデルでペプシカラーの126710BLROが発表されました。定価は100万ちょいですが、並行輸入店では倍ぐらいの価格で販売されているくらい人気 …

エクスプローラーⅡ 16550 アイボリーダイヤルとは?【ロレックス】

2代目エクスプローラーⅡとして1984年から1988年まで生産されました。 ムーブメントがCal.3085になり、短針を単独で動かせるようになったためGMT機能を使えるようになりました。 文字盤の種類 …