ロレックス

ロレックス サブマリーナー 5513の種類一覧 徹底考察

投稿日:

9月に新作が発表されて結構賑わってるサブマリーナーですが、今回はサブマリーナーの中でもかなり人気のある5513について書いてきます。結構長いこと製造されたので色々変わってます。サークルミラー、ミラーについては参考文献が少ないので一部は考察になります。

サークルミラーダイヤル(1962-63)

シルバーディープレーティング1

image credit:hqmilton.com  Serial764,XXX

200m=600ftのみ銀色

2ラインシルバー

image credit:hqmilton.com  Serial765,XXX

200m=600ft、SUBMARINERの2行が銀色 2ラインシルバーとも言われます。

シルバーディープレーティング2

image credit:hqmilton.com  Serial89X,XXX

1に比べると200m=600ft、SUBMARINERの間が狭い

マーク4

image credit:hqmilton.com  Serial98X,XXX

4つの種類を確認してますが、他にもあるかも?
全て6時位置にドットが付きます。

 

ミラーダイヤル(1963-66)

オンリースイスミラー(1963-64)

「SWISS」位置が下部

image credit:hqmilton.com  Serial99X,XXX

サークルミラーのダイヤルの名残で下に来ていると言われています。

「SWISS」位置が上部

image credit:hqmilton.com  Serial1,0XX,XXX

見えやすいように上にしたのかも

 

上記の通りアンダーバー付きもあります。(1963-64)

ロレックス アンダーバーって何?

 

ダブルスイス

image credit:pfw.wpengine.com Serial991,XXX

「SWISS」位置は下から上に移っているのでおそらくダブルスイスは中間期間か下部より前なはず。シリアルからしても上部SWISSが後。

順番的には1→3→2 or 3→1→2?
個人的には1→3→2が有力だと思います。わざわざダブルにしてから上だけ消す意味がないので2つ刻印してから消すのが普通かと…ただダブルスイスの後に下部スイスのシリアルの個体がありますので結構謎です。

SWISS-T<25ミラー(1964-65)

image credit:hqmilton.com  Serial1,1XX,XXX

トリチウム表記がされた初めてされたダイヤル

バードシンプソン(1965-66)

image credit:hqmilton.com  Serial1,4XX,XXX

ミラーダイヤルの最終。名前にあるバードシンプソンは王冠がアニメにある黄色い人に似ていることから

image credit:hqmilton.com

image credit:themighty.com

誰が名付けたのか気になります。

エクスプローラーダイヤル(1962-65)

5513のミラーでもレアなのにその中でかなりレアなエクスプローラーダイヤルというものも存在します。

image credit:professionalwatches.com

5512でも同時期に生産。ほぼ全てがイギリス市場向けに製造されたそうです。偽物も多いので要注意

 

ムーブメント

-64年まで Cal.1530

image credit:hqmilton.com

バタフライローターの個体もあります。

64年- Cal.1520

image credit:hqmilton.com

年代的にはミラーで切り替わっているはず。マットダイヤルが入っているものはCal.1520(例外があるかもしれない)

 

マットダイヤル(1966-84)

メーターファースト(1966-69)

image credit:hqmilton.com  Serial1,5XX,XXX

マットダイヤル最初期。金色から白色に。ミラーダイヤルと同様に200mが先に表記されてます。これ以降フィートが最初に

シリアル1,5XX,XXX-2,5XX,XXXで確認済み。

ノンセリフダイヤル&セリフダイヤル(1970-76)

ノンセリフダイヤル

image credit:hqmilton.com  Serial2,5XX,XXX

セリフダイヤル

image credit:hqmilton.com  Serial4,0XX,XXX

年代的にノンセリフとセリフは混在してます。

ノンセリフとセリフの違い:
・ノンセリフダイヤルROLEXの「E」の中線がTのような形。PERPETUALのPはROLEXのLが一直線上ではない。
・セリフダイヤルは6時位置のインデックスの角が尖っている。ROLEXの「E」の中線が先細り。PERPETUALのPはROLEXのLが一直線上。
・ノンセリフのOYSTERのSの下が大きい

image credit:vwcltd.com

※セリフダイヤルは各場所で見解が違っています。6時位置のインデックスの角が少し尖っているだけのものをセリフダイヤルと言っているところもあります。

プレコメックス1976-78

image credit:hqmilton.com  Serial4,22X,XXX

5514コメックスのダイヤルと特徴が良く似ているため「Pre COMEX」と呼ばれてます。
年代も同時期ぐらいでシリアル4-5,XXX,XXX代に見られます。

image credit:hqmilton.com

image credit:bulangandsons.com

特徴
・王冠が下膨れ
・ROLEXのLの一筆目のセリフが凄い(かなり横に広がってます)
・SUBMARINERのAの上に=がくる
・オープン6

マキシダイヤル(1976-84)

通常より丸のインデックスが大きいものをマキシダイヤルと呼びます。(一応プレコメックスもマキシダイヤルの1種)

マーク1

image credit:hqmilton.com  Serial5,5XX,XXX

5,XXX,XXX前半-6,XXX,XXX初期で製造(と言われています。)

特徴
・プレコメックスと似ていますが、大きな違いは王冠。細長く、下膨れはしておらず
・SUBMARINER表記が(フィート&メートルの)下にくるのはマーク1のみ
・=がAの真上にくるのはプレコメックスと同じ
・SUBMARINERのSがZのように見える「ジグザグS」(マーク1とマーク4のみ)

image credit:5513mattedial.com

マーク2

image credit:hqmilton.com  Serial5,8XX,XXX

5,XXX,XXX中盤-6,XXX,XXX後半で製造(とry

特徴
・SUBMARINERが(フィート&メートルの)上に
・マーク1、4に見られる「ジグザグS」ではなく通常のS
・=がSUBMARINERのAの真下中央
・ftのfにセリフ無し(丸い印象)

image credit:5513mattedial.com

マーク3

image credit:hqmilton.com  Serial6,7XX,XXX

6,XXX,XXX初期-6,XXX,XXX後半で製造(とry

特徴
・インデックスと5分刻みのメモリがくっついている通称「ロリポップ」
・ftのfにセリフ(角ばったfに見えます)
・200mの”00″がSUBMARINERの”NE”の真下で丁度並んでいる
・オープン6の空き方が通称より少し大きい

image credit:5513mattedial.com

マーク4

image credit:hqmilton.com  Serial7,2XX,XXX

6,XXX,XXX後半-7,XXX,XXX中盤で製造(とry

特徴
・「ジグザグS」
・=がSUBMARINERのAの少し右下

image credit:5513mattedial.com

マーク5

image credit:hqmilton.com  Serial8,1XX,XXX

7,XXX,XXX中盤-8,XXX,XXX前半で製造(とry

特徴
・=がSUBMARINERのAの真下中央
・ftのfにセリフ無し

image credit:5513mattedial.com

「ジグザグS」でなく、ロリポップでもなく、ftのfにセリフ無し、=がSUBMARINERのAの真下中の場合(無特徴なのが)マーク5

 

フチありダイヤル(1984-89)

image credit:hqmilton.com  Serial8,5XX,XXX

8,XXX,XXX中盤-E番まで(L番と言われていますがE2まで)

インデックスの周りがホワイトゴールドでフチどりされたフチありダイヤル。マットから光沢のあるダイヤルに変更されてます。

スパイダーダイヤルもこのフチありのみ

image credit:hqmilton.com

フチなしダイヤルのほうが人気で値段も高いですが、個人的にはフチありが結構好きです。安いと100万ちょい買えますね。(2020年10月現在)

 

備考

image credit:watchprozine.com

ちょい見づらいですが…1966年の価格表では5513が175ドル、5512が225ドル。クロノメーターかそうでないかで50ドル違いますが、当初は安い5513が多く売れたため5512はあまり出回ってないと言われています。にしても相当安いですね。日本の定価でも1965年当時の5513は10万円だったそうです。

 

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エクスプローラーⅡ 1655 ダイヤル&ベゼル種類

エクスプローラーに日付、24時間針、ベゼルが付与されて1971年に登場したモデルがエクスプローラーⅡ 1655です。以前、24時間針をGMT針だと思って「どうやって見るんだよ、これ?」と思っていたのは …

エクスプローラー 1016 マットダイヤル種類

エクスプローラーの中でも非常に人気のある1016について調べてみます。 image credit:timeline.watch 製造期間は1960年頃~1990年頃と約30年のロングセラー品マットダイ …

ロレックス デイトナ 16520 ポーセリンダイヤルとは

1988年、日本では昭和が終わろうとしている年に手巻きデイトナから自動巻きのデイトナにモデルチェンジします。当時はデイトナはさほど人気のあるモデルでは無かったそうです。やはりクォーツや自動巻きが人気だ …

ロレックス GMTマスター 1675 リューズガードの遍歴、種類

前回に引き続きリューズガードについて書いていきます。 5512のちょい後ぐらいに登場した1675ですが、リューズガードは5512と少し変わります。 コルニーノ Cornino PCG 1959 ima …

ロレックス サブマリーナー 1680赤サブの種類一覧 徹底考察

ロレックスのサブマリーナーデイトの初代モデルで、初期~75年頃まで通称「赤サブ」と呼ばれる「SUBMARINER」の文字が赤のモデルが存在します。製造期間はそれほど長くないですが、色々なタイプがあるの …