ロレックス

ロレックス アンダーバーとは? アンティークに稀に入る横線の正体!

投稿日:2020年4月6日 更新日:

ヴィンテージのロレックスには様々なディテールの変化が多く、そのディデールの変化で値段が大きく変わったりと、結構ややこしかったりします。

その中でロレックスの文字盤に謎の線が引かれている個体が存在します。(チュードルもあります。)

image credit:www.nobleandgraff.com

image credit:www.hqmilton.com ↑チュードル

アンダーバーなどと言われていますが、ロレックスでも正式な発表が無く、いくつかの説があります。

1963~64年にかけて製造されたモデルに多いですが、有力な説の1つが蛍光塗料がラジウムからトリチウムに変更したのを示す方法としてアンダーバーを引いたと考えられています。

image credit:www.chemistrylearner.com

60年代に放射性物質の危険性に対する懸念からロレックスが蛍光塗料をラジウムからトリチウムに変更しましたが、変更時に製造済みでまだ蛍光塗料が塗られていない文字盤に対してアンダーバーを入れたのではないかと言われています。

現に1964年以降の蛍光塗料があるモデルに関しては文字盤6時位置の表記が「SWISS」から「SWISS-T<25」または「T SWISS T」の表記があり、トリチウムになっています。

 

image credit:www.hqmilton.com

サブマリーナではロゴの下と6時位置に表記があるものが2種類存在します。デイトナではロゴ下のみ

そして、海外の記事で見たのですが、ガイガーカウンターで計測したところ、60年初期のSWISS表記のみの文字盤は放射線量が高く、アンダーバーが入った文字盤の放射線量は低かったと記載されています。ちなみにこのガイガーカウンターamazonで3万円ぐらいで売ってるので欲しいかたはどうぞ。

 

これは余談ですが、ラジウムについて調べてると「ラジウムガール」と呼ばれている女性たちが居たそうです。何だかアイドルのグループ名みたいですが…、時計の文字盤に蛍光塗料のラジウムを塗布していた際、被爆した工場労働者の女性たちのことを指します。当時ラジウムを付けた筆を舐めて文字盤に塗っていたそうですが、ゾっとします…

映画(ドラマ?)にもなっているらしくトレイラーを発見しました。

中々面白そう。日本語化されますかね?

 

“トリチウムにも種類がある!? トリチウムなのにブラックライトで光る夜光とは?”

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【怪しい】ロレックス デイトナ 116520 クリーム アイボリー文字盤の疑問点?

数年前からロレックス デイトナ116520ホワイトの初期(P,K,Y,F番あたり)の個体の文字盤が経年劣化し色が少し乳白色がかった色味のものが登場しクリーム文字盤という名前が付けられました。 imag …

歴代手巻きデイトナ解説リスト 6238から6265まで徹底解説!!

今ではロレックスの頂点であるデイトナですが、そのデイトナの原点を探ります。   6238(1960-67) image credit:www.hqmilton.com デイトナの前身となった …

ロレックス GMTマスター 1675 ミラーダイヤルの種類を解説

1959-80年まで製造されたGMTマスター1675のミラーダイヤルについて調べていこうと思います。ミラーダイヤルは1959-66と7年程度で1675が製造されていた期間の中では僅かですが、多くのバリ …

ロレックスのムーブメントの法則 Cal.30系 31系 32系の一定の法則とは?

ロレックスのムーブメントには少し変わった法則がありますのでご紹介したいと思います。 image credit:trovestar Calが30から始まるムーブメントになったのは1980年頃ですかね? …

ロレックス サブマリーナー 1680赤サブの種類一覧 徹底考察

ロレックスのサブマリーナーデイトの初代モデルで、初期~75年頃まで通称「赤サブ」と呼ばれる「SUBMARINER」の文字が赤のモデルが存在します。製造期間はそれほど長くないですが、色々なタイプがあるの …