ロレックス

ロレックス サブマリーナ 5512 5513 1680 1665ベゼル種類

投稿日:

60年代~80年代にかけて製造されたベゼルは大まかに分けると4種類に分かれます。

image credit:watchprosite

左からMk1,2,3,4
Mk4は他のベゼルに比べると字体が細いのが分かります。

 

ロレックス サブマリーナー 5513の種類一覧 徹底考察

ロレックス サブマリーナー 1680赤サブの種類一覧 徹底考察

ロレックス シードゥエラー1665 赤シード種類一覧 徹底考察

 

Mk1

image credit:hqmilton

5512,5513の初期に見られるベゼル、時期的には60年前半頃。字体が1番太く数字の「40」がくっついていて「kiss40」と呼ばれています。

Mk2-4

image credit:orologi

・60sと書かれているのがMk2
・70-79がMk3
・Early`80,Mid`80がMk4,Mk5(Mk3bisとも呼ばれています)
Mk4,Mk5は40の4の内角が台形になっています。

Mk2

image credit:hqmilton

Mk2の特徴は「ロング5」で5の口が縦に長いです。最初期の1680赤でも使われているものがあります。60年代~70年頃

image credit:hqmilton 1680red

Mk3

image credit:hqmilton

Mk1と特徴が似ており、4と5の最後にセリフが見られます。Mk3までが4の内角が三角形になっています。上記の画像では70-79と書いてありますが、60年後半~70年終盤まで装着している個体があります。

Mk4,Mk5(Mk3bis)

image credit:hqmilton

80年頃~製造されている個体に付くことが多かったり、サービスベゼルとして交換されているものにも付きます。5512、1680、1665の最後のほうでも付いている個体も存在します。上記にもある通り4の内角が台形。Mk5のほうが平べったい台形です。

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

GMTマスターⅡ 126710BLRO ベゼルの色の変化 Mk1 Mk2とは?

バーゼルワールド2018において16710以来のステンレスモデルでペプシカラーの126710BLROが発表されました。定価は100万ちょいですが、並行輸入店では倍ぐらいの価格で販売されているくらい人気 …

2022年ロレックスの “ディスコン”を予想する!?何が廃盤になるのか?

2021年も残すところあと少しになってきました。来年はどんなロレックスがでるのか楽しみですが、どのモデルがディスコンになるのかも気になるところです。 ディスコンになるとしたら31系のムーブメントを載せ …

ロレックス アンダーバーとは? アンティークに稀に入る横線の正体!

ヴィンテージのロレックスには様々なディテールの変化が多く、そのディデールの変化で値段が大きく変わったりと、結構ややこしかったりします。 その中でロレックスの文字盤に謎の線が引かれている個体が存在します …

ロレックス シードゥエラー1665 白シード種類一覧 徹底考察

赤シード後、1680と同様にシードゥエラーも赤表記が無くなります。白のシードゥエラーは4-5年と製造期間も短めです。現在の市場相場も200万円ぐらいなので今後の値上がりに期待です。 ロレックス シード …

ロレックス エクスプローラー 1016 マットダイヤルの種類を解説

エクスプローラーの中でも非常に人気のある1016について調べてみます。 image credit:timeline.watch 製造期間は1960年頃~1990年頃と約30年のロングセラー品マットダイ …