パテックフィリップ

パテックフィリップ 歴代2カウンタークロノグラフの歴史 1998年~

投稿日:

手巻きの2カウンタークロノグラフといったら機能的に最悪な部類なのではないかと思いますが、パテックフィリップのクロノグラフはデザインが本当に素敵です。クロノグラフといったらスポーティーさが売りですが、パテックフィリップはエレガントでドレッシーで上品さを醸し出してます。

1998年以前にも結構古くから2カウンターのクロノグラフをパテックフィリップは製造しています。

image credit:phillips.com

Ref.130 1943年

 

image credit:phillips.com

Ref.530 1940年

 

image credit:revolution.watch

Ref.1463 1950年

1930年代半ばから1960年代後半に製造され、2カウンタークロノは一旦幕を閉じます。

 

5070(1998-2010)

image credit:hqmilton.com 5070G-001(2001-)

60年後半から製造されていなかった2カウンタークロノグラフの復活
当時としては大きい42mm
リーフ針で5170に比べてカウンターが寄り目です。

5070はRef.2512のデザインが受け継がれています。

image credit:watchprosite.com Ref.2512

ムーブメントはCal.CH27-70

image credit:watchbase.com

レマニア2310ベース
18,000振動のロービート、パワーリザーブ60時間、24石

ベースになっているレマニア2310は結構色々な時計に使われておりオメガのCal.321でも使われています。
仕上げの美しさは全然違いますが…

image credit:stemandbezel.com Cal.321

各製造期間
5070J-001(1998-2004)
5070G-001(2001-2008)
5070R-001(2001-2008)
5070P-001(2008-2010)

image credit:watchprosite.com

YG→WG,RG→PTの順で生産されています。

5170(2010-2019)

image credit:hqmilton.com 5170G-001(2013-)

2010年から5170が登場します。デザイン的にはRef.130に似ています。こちらもYGから登場します。

各製造期間
5170J-001(2010-2013)
5170G-001(2013-2016)
5170G-010(2015-2017)
5170R-001(2016-2018)
5170R-010(2016-2018)
5170P-001(2017-2019)

サイズは39.4mmと5070より小さなりましたが、より現代的に、インデックスにアラビアが使われているモデルはブレゲ数字に。5070と比較すると個人的にはこちらが好ましいです。

Cal.CH 29-535 PS

image credit:watchbase.com

28,800振動、パワーリザーブ65時間、33石
レマニアベースから自社開発ムーブメントになりました。実際にこのムーブメントが搭載されたのが2009年に登場したレディースモデルのRef.7071から
高級クロノグラフの代名詞であるコラムホイール式で6つの特許を取得してます。

image credit:wixonjewelers.com 7071R-001

 

5170J-001、5170G-001では文字盤にパルスメーター(なぜ脈拍を図るパルスメーターを付けたのか…?暗に医者ぐらい稼いでから買えよと言っているのかもしれない…)

image credit:rogerwatch.com

5170P-001ではインデックスにバケットダイヤ、文字盤外周にタキメーターを備えます。

image credit:hqmilton.com

5170G-010,5170R-001,5170R-010ではメモリのみのデザイン

image credit:hqmilton.com 5170R-010

 

5172(2019-)

image credit:timeandwatches.com

2019年のバーゼルワールドで5170に代わって登場しました。現在は5172G-001(2019-)のみ。ケース径が大きくなり41mmにプッシャーがスクエア型から丸型に変更。先端に放射状のギョーシェ彫りが施されます。

image credit:timeandwatches.com

やっぱり前の5170のデザインのほうが良いかな…?大きさは40mm以下のほうが上品ですね。

ムーブメントは5170と同じくCal.CH 29-535 PS

-パテックフィリップ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パテックフィリップ パーペチュアルカレンダーの歴史、歴代モデルを解説

パテックフィリップを語る上で欠かせないのがパーペチュアルカレンダー。ミニッツリピーターやトゥールビヨンなど他にも素晴らしい機構がありますが、パーペチュアルカレンダーは最も実用性に優れた機構であると感じ …

パテックフィリップ 96シリーズ

96とはパテックフィリップ、カラトラバの最初のリファレンス。1932年に誕生します。 カラトラバといえばシンプルかつドレッシーな時計で有名ですが、手巻き3針の96は代々受け継がれていってます。その96 …

パテックフィリップ ワールドタイム歴代モデル 1937-1965年

パテックフィリップのワールドタイムの歴史は1930年代後半から始まります。 当時としては瞬時に他国の時間がわかる画期的なシステムであったに違いません。今じゃそんなに有難くはないですが… ワールドタイム …

パテックフィリップ パーペチュアルカレンダー クロノグラフの歴史、歴代モデルを解説

パテックフィリップを語る上で欠かせないのがパーペチュアルカレンダー。前回ではそのパーペチュアルカレンダーの歴代モデルを調べていきましたが、今回はパーペチュアルカレンダークロノグラフを調べていきたいと思 …

パテックフィリップ 2006年~ノーチラス歴代モデル一覧

1976年にノーチラス3700が発表されてから30周年の2006年に大きく一新されます。 箱もここら辺かこの少し後ぐらいで変わりますね。 image credit:www.filipucci.nl i …