ロレックス

GMTマスターⅡ 126710BLRO ベゼルの色の変化 Mk1 Mk2とは?

投稿日:2020年8月25日 更新日:

バーゼルワールド2018において16710以来のステンレスモデルでペプシカラーの126710BLROが発表されました。定価は100万ちょいですが、並行輸入店では倍ぐらいの価格で販売されているくらい人気のある時計です。

その126710BLROですが、少し前に海外の掲示板などでベゼルの色が変わったと話題になっていました。

Mk1

image credit:hqmilton.com/timepieces/40dgk70e/2018-rolex-gmt-master-ii-126710blro-pepsi-with-box-and-papers-A2512

Mk2

image credit:hqmilton.com/timepieces/g3pml432/2020-rolex-gmt-master-ii-126710blro-with-box-and-card-A3666

マーク1ベゼルは鮮やかな青とピンクがかった赤で、マーク2は暗い青(藍色)とこちらもも暗い赤になっているような感じです。

 

You Tubeでも比べた動画などでています。

image credit:You Tube

比べてみると結構わかりますが、単体で見てもあんまりピンと来ませんね…

ROLEX自体ベゼルが変わったと発表はしていませんが、製造当初16710の当時のような色でなく批判があったので変えたのではないかとも憶測されています。

それともう一つの憶測としてマーク1ベゼルは116719BLROのベゼルを流用しているという説もあります。

image credit:hqmilton.com/timepieces/g3px4502/2015-rolex-wg-gmt-master-ii-116719-with-box-and-papers-8664

やっぱり色はマーク1に似てますね。

マーク1からマーク2に変わったのは2018年の終わりor2019年初頭と言われています。
今後マーク3ベゼルだったりBLNRのマーク2なんてのもでてくるかもしれませんね。

-ロレックス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

トリチウムにも種類がある!? トリチウムなのにブラックライトで光る夜光とは?

ロレックスでも人気の高い夜光塗料と言えばトリチウムですが、ベータ線を放出する半減期が12年と言われ、それをすぎると発光しなくなります。そんなトリチウムも劣化によりクリーム色に変化した色味を持つ個体は通 …

ロレックス サブマリーナ 5512 5513 1680 1665ベゼル種類

60年代~80年代にかけて製造されたベゼルは大まかに分けると4種類に分かれます。 image credit:watchprosite 左からMk1,2,3,4 Mk4は他のベゼルに比べると字体が細いの …

ロレックス シードゥエラー1665 白シード種類一覧 徹底考察

赤シード後、1680と同様にシードゥエラーも赤表記が無くなります。白のシードゥエラーは4-5年と製造期間も短めです。現在の市場相場も200万円ぐらいなので今後の値上がりに期待です。 ロレックス シード …

歴代手巻きデイトナ解説リスト 6238から6265まで徹底解説!!

今ではロレックスの頂点であるデイトナですが、そのデイトナの原点を探ります。   6238(1960-67) image credit:www.hqmilton.com デイトナの前身となった …

ロレックスのムーブメントの法則 Cal.30系 31系 32系の一定の法則とは?

ロレックスのムーブメントには少し変わった法則がありますのでご紹介したいと思います。 image credit:trovestar Calが30から始まるムーブメントになったのは1980年頃ですかね? …