ロレックス

ロレックス オイスターパーペチュアル デイト 1530&1630 50周年記念モデル

投稿日:2020年7月3日 更新日:

ロレックスのレアモデル1530と1630を紹介します。

image credit:hqmilton

見た目はぱっと見完全にオイスタークォーツですが、自動巻きです。
一応オイスターケースができてから50年を記念して作られたレアモデル。
オイスターケースが1926年に発明されましたが1530は1974年頃には作られてたみたいなので結構曖昧
製造年数は1974-77
77年にクォーツが生産開始され廃止されました。
総生産数は諸説有り、500-1500本程度と言われています。

ムーブメントはCal.1570

image credit:acollectedman.com

オイスタークォーツのようにラグの裏にリファレンスとシリアルが刻印されます。(この年代の他のモデルはブレスを外さなければシリアルが確認できないので便利)

image credit:hqmilton

風防はサファイア

SS×YGモデルの1630

image credit:hqmilton

今現在だと1530が100万前後、1630が80万前後で買えます。コンビは人気が無い為かSSより安いです。

ロレックスにはムーブメントにCal.1530があるので検索するとき結構ややこしい。

オイスタークォーツを買って普通の1500か何かを載せ替えれば…なんて考えては駄目ですね。

 

“他人と違うロレックスを持ちたい! 今狙い目なヴィンテージレアロレックス集”

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロレックス アンダーバーとは? アンティークに稀に入る横線の正体!

ヴィンテージのロレックスには様々なディテールの変化が多く、そのディデールの変化で値段が大きく変わったりと、結構ややこしかったりします。 その中でロレックスの文字盤に謎の線が引かれている個体が存在します …

GMTマスターⅡ 126710BLRO ベゼルの色の変化 Mk1 Mk2とは?

バーゼルワールド2018において16710以来のステンレスモデルでペプシカラーの126710BLROが発表されました。定価は100万ちょいですが、並行輸入店では倍ぐらいの価格で販売されているくらい人気 …

ロレックス GMTマスター 1675 ミラーダイヤルの種類を解説

1959-80年まで製造されたGMTマスター1675のミラーダイヤルについて調べていこうと思います。ミラーダイヤルは1959-66と7年程度で1675が製造されていた期間の中では僅かですが、多くのバリ …

歴代手巻きデイトナ解説リスト 6238から6265まで徹底解説!!

今ではロレックスの頂点であるデイトナですが、そのデイトナの原点を探ります。   6238(1960-67) image credit:www.hqmilton.com デイトナの前身となった …

ロレックス GMTマスター 1675 リューズガードの遍歴、種類

前回に引き続きリューズガードについて書いていきます。 5512の少し後ぐらいに登場した1675ですが、リューズガードは5512と少し変わります。 コルニーノ Cornino PCG 1959 imag …