comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オメガ 歴代スピードマスター プロフェッショナル1st CK2915、2nd CK2998編

今ではオメガと言えばスピードマスタープロフェッショナルが一番にでてくると言っても良いぐらい人気のあるモデルですが初出時はシーマスターのラインで発表されます。そこで今回はスピードマスタープロの1stと2 …

ロレックス GMTマスター 1675 マットダイヤルの種類を解説

1675は1965年頃よりミラーダイヤルからマットダイヤルに変わります。近年多くのバリエーションが発見されているマットダイヤルは15年程の生産を占めており、マーク0やら1.5などよく分からない分類もさ …

GMTマスターⅡ 126710BLRO ベゼルの色の変化 Mk1 Mk2とは?

バーゼルワールド2018において16710以来のステンレスモデルでペプシカラーの126710BLROが発表されました。定価は100万ちょいですが、並行輸入店では倍ぐらいの価格で販売されているくらい人気 …

パテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史を徹底解説 その2

1996年登場のアニュアルカレンダーは数多くのモデルが出ています。その2では2006年からのモデルを見ていきます。 その1⇒パテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史 その1 5960(200 …

パテックフィリップ 歴代2カウンタークロノグラフの歴史を解説 1998年~

手巻きの2カウンタークロノグラフといったら機能的に最悪な部類なのではないかと思いますが、パテックフィリップのクロノグラフはデザインが本当に素敵です。クロノグラフといったらスポーティーさが売りですが、パ …