オーデマピゲ

オーデマピゲ ロイヤルオーク クロノグラフの歴代モデル

投稿日:2020年4月23日 更新日:

ロイヤルオークが初登場したのが1972年ですが、クロノグラフが登場したのは約20年後になります。

最初のクロノグラフは通常のロイヤルオークではなくオフショアが初出になります。
ケース径が42mmという当時としてはかなりデカく分厚く「ビースト」という名前を冠した時計です。

image credit:loupiosity.com

ですが、今回はオフショア以外のクロノグラフの歴史について見ていきたいと思います。限定品も紹介します。

25860(1998-2008年)

image credit:timepeaks.com

ビースト登場の5年後の1998年に発表。39mmと15202と同サイズ、厚さも11mmと結構薄く中々のクラシックな印象を誇ります。
12時位置のインデックスが逆三角なのが特徴。(逆三角はコレと26300)
369のインデックスが小さい丸なのがポイント。

バックルは前期後期があり変わったのは98-2000年あたり?

image credit:shop.r10s.jp ↑前期

image credit:housekihiroba.jp ↑後期

バックルの形状は14790と同じ形ですね。

中のムーブメントはCal.2385 フレデリックピゲのCal.1185がベース

image credit:www.golfwrx.com

1185はブレゲやヴァシュロン、ブランパンなどにも搭載されています。垂直クラッチを先駆けて採用したムーブメントとしても名を馳せてますね。垂直クラッチは何だか針飛びしにくいらしく、あと水平クラッチに比べてボタンを押すとき若干力が要ります。
振動数21,600、パワーリザーブ40時間、37石。現代からすると若干パワーリザーブが少ないか…

それと金無垢になると型番が変わります。
SS 25860ST
YG 25960BA
WG 25960BC
PG 25960OR
ややこしい…

25860IS.O.1110IS.01

image credit:www.taleda.com

ニュージーランド・オークランドの帆の町と言われる「City of Sails(シティオブセイルズ)」の300本限定モデル。濃い青と黄色が特徴。

25979

image credit:www.hqmilton.com

なぜかシティオブセイルズの名前を冠した2003年限定モデル。ロイヤルオーク30周年と、国際ヨットレースであるアメリカズカップのアリンギというチームの優勝というまったく関係ない2つを祝ったモデル。関連性のなさから微妙に謎のモデルです。裏蓋には「City of Sails」の文字とアメリカズカップのヨットのイラストが刻印され、インダイヤル9時位置にアリンギのロゴである赤い渦が描かれます。
SS 25979ST 1000本、
RG 25979OR 200本、
PT 25979PT 50本
計1250本限定。

26014SN.OO.D002CR.01

image credit:www.classicdriver.com

ニューヨークのブティックオープン時に製造されたモデル。ケースはPVD仕様でダイヤルは25979と同じくアラビア数字。裏蓋にはブティックの外観と40E57thというブティックの住所が刻印されます。(なぜに住所?)
150本限定。数の割にはあまり高くない。

26300(2008-2012年)

image credit:global.rakuten.com

2008年発表。厚さ39mm薄さ11mmと25860と殆ど変わりがなく、文字盤、ムーブメント、バックル(APロゴ)の仕様など同じです。但し見た目で判別することはできませんが、26300は3ピースケース(25860は2ピース)に変わりました。

一応シリアルがGから始まるものは2008年~製造されてますが、Fもあったりして…

新しく追加されたの文字盤では369のインデックスが小さい長方形になっています。

image credit:www.thewatchquote.com 26300ST.OO.1110ST.07

全部長方形にしてくれたら見分けがつきやすいのに…

これも金無垢になると型番が変わります。
SS 26300ST
YG 26022BA
WG 26022BC
PG 26022OR

26022のモデルは革ベルトとラバーストラップが多いです。

26041TI.GG.1110TI.01

image credit:www.essential-watches.com

パリのブティック限定モデル。チタンで50本限定。外観はニューヨークのブティックに似てます。

26035PT.OO.D002CR.01

image credit:www.collectorsquare.com

これまたパリのブティック限定モデル。プラチナで100本限定。26022と同じく四角のインデックス。12時の逆三角が消えてますが、26022も後半は逆三角は無いです。

26320(2012-2017年)

image credit:global.rakuten.com

ロイヤルオーク誕生の40周年の2012年に発表されたモデル。15400と合わせて41mmにサイズアップしました。12時位置のインデックスが逆三角からバーへ

裏蓋の形状も変わり円の中にRoyal Oakの文字が刻まれます。

image credit:global.rakuten.com

バックルも観音開きに変更。

このバックルも15400同様前期後期に分かれます。

 

image credit:store.shopping.yahoo.co.jp ↑前期

image credit:www.mywatchmart.com ↑後期

後期になるとAP表記が消えてネジの位置が変わります。

ムーブメントは変わらずCal.2385

26325

image credit:www.bachmann-scher.de

2012年製造。リオネル・メッシモデル。ベゼルにタングステンを使用してます。
SS 26325TS 500本
PG 26325OL 400本
PT 26325PL 100本
の計1000本

2012年っていったらまだ綺麗なメッシな時か…?

26326ST.OO.D027CA.01

image credit:www.chronodox.com

イタリアミラノ限定 500本。2015年。3時のインダイヤルにイタリアの国旗の色が小さく散りばめられてます。

26327TI.OO.D004CA.01

image credit:www.gmtbroker.com

クイーンエリザベス2世カップの記念モデル。2015年製造の200本限定。クイーンエリザベス2世カップは競馬です。競馬って面白いのかな?

26331(2017年-)

image credit:www.jaztime.com

現行品。41mm。2トーンダイヤルになります。イタリアとエリザベスモデルは26331の布石だった…?
2トーン以外にも前モデルから微妙に変わっており、ロゴが大きく、3時9時のインダイヤルが少し大きく、6時インダイヤルが少し小さくなってます。それとカレンダーの位置が少し下がり目になってます。(26320以前は4、5時インデックスのど真ん中)

ムーブメントはCal.2385(いつまで使ってんのじゃ)

26315(2019年-)

image credit:www.chronext.co.uk

38mm。2トーンダイヤル。ダイヤルはステンレス(26315ST)の場合写真の青白とグレーの2種類のみ。カレンダー枠は相変わらず下がり目。この下がり目は26331共々評判が悪いらしいです。

ムーブメントは…Cal.2385

-オーデマピゲ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歴代3針ロイヤルオークの歴史 2000年~

1972年のバーゼルワールドの原点である、スイスのウォッチショーで発表されて以来、革新的なデザインで世界的に大きな成功を収めたらしいですが、その年代はクォーツショック真っただ中ですね。人気がでたのはも …

オーデマピゲ ジャンボ エクストラシンの系統 歴代モデルを公開

最近かなり値上がりしてるモデルたち。個人的には機械式は秒針があったほうが好きで、カレンダーは無いほうが良いです。ただ15202の3針、カレンダー無とか不格好ですかね?まあ薄いのは良いですね。 ケース径 …