ロレックス

ロレックス 17000A,16610TのAとTとは?謎のアルファベット

投稿日:2020年4月8日 更新日:

5桁リファレンスのロレックスで稀に見る17000Aの”A”,16610Tの”T”の謎のアルファベットとは何か、解説します。

image credit:global.rakuten.com

まず、このAとTは国際保証書にしか表記されません。

ロレックスに電話で聞いて見ましたが、17000AのAとは通常の17000とパッキンの仕様が変わったものとの回答を得ました。どうでもよくないか…と思ったのですが、ロレックスが把握するために付け足したものらしく管理するのが楽になるんでしょうか。にしてもパッキンの仕様が変わるって何でしょうか?

お次に、16610TのTはラグ穴が無くなった個体です。

image credit:www.hqmilton.com

16613Tや16618Tなんてのも見ます。ヨットマスターでもあったかもしれません。16233Tとかも見たことあったような…

マイナーチェンジ後と区別する為に付け足された文字なので国際保証書のリファレンスの最後に何か見たことが無いアルファベットが付いていたら、どこかしら変わったということでしょう。

そして国際保証書に関することでもう1つ。基本的に緑色のカードですが、稀に白い国際保証書を目にします。

image credit:http://onbehalf-lite.com/

これは正規代理店が個人としてではなく、店として修理に出した際に緑ではなく白になります。見てみると下のほうに、「Authorized Distributor」という訳すと正規販売代理店の文字がプリントされ、その右に店名が入ります。
値段は変わりませんがレアです。

-ロレックス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

歴代手巻きデイトナ解説リスト 6238から6265まで徹底解説!!

今ではロレックスの頂点であるデイトナですが、そのデイトナの原点を探ります。   6238(1960-67) image credit:www.hqmilton.com デイトナの前身となった …

エクスプローラーⅠ 214270の今後について予想する

昨日4月7日に各ブランドの新作発表がされましたが、やはり注目を集めるのがロレックスです。大方の予想どおりエクスプローラーがきましたが、誰しもエクスプローラーⅠが大きく変わるとは思ってもいなかったでしょ …

ロレックス ミルガウス 1019の種類について考察してみる

中々モデルチェンジせず、来年こそはモデルチェンジすると言われているミルガウスですが、個人的には2代目の1019の復刻のようなモデルが来てほしいなと思っているところです。 その2代目ミルガウスの1019 …

2022年ロレックスの “ディスコン”を予想する!?何が廃盤になるのか?

2021年も残すところあと少しになってきました。来年はどんなロレックスがでるのか楽しみですが、どのモデルがディスコンになるのかも気になるところです。 ディスコンになるとしたら31系のムーブメントを載せ …

ロレックス ティファニーブルー ターコイズ文字盤が今熱い!!

一端落ち着いたと思われたロレックスのターコイズ熱が今にきて更に上がってきています。 image credit:luxurywatchbuyer 価格ドットコム上ではオイスターパーペチュアル、12430 …