comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

パテックフィリップ 歴代2カウンタークロノグラフの歴史を解説 1998年~

手巻きの2カウンタークロノグラフといったら機能的に最悪な部類なのではないかと思いますが、パテックフィリップのクロノグラフはデザインが本当に素敵です。クロノグラフといったらスポーティーさが売りですが、パ …

キングセイコー “KSK” 復刻モデル SDKS009を今更レビュー

2022年の新作でキングセイコーをレギュラーモデルとして復活 image credit:seikowatches.com 左上からSDKS001 SDKS003 SDKS005 SDKS007 SDK …

オーデマピゲ ロイヤルオーク クロノグラフの歴代モデルを解説

ロイヤルオークが初登場したのが1972年ですが、クロノグラフが登場したのは約20年後になります。 最初のクロノグラフは通常のロイヤルオークではなくオフショアが初出になります。 ケース径が42mmという …

オーデマピゲ 歴代3針ロイヤルオークの歴史を解説 2000年~

1972年のバーゼルワールドの原点である、スイスのウォッチショーで発表されて以来、革新的なデザインで世界的に大きな成功を収めたらしいですが、その年代はクォーツショック真っただ中。人気がでたのはもう少し …

ロレックスのムーブメントの法則 Cal.30系 31系 32系の一定の法則とは?

ロレックスのムーブメントには少し変わった法則がありますのでご紹介したいと思います。 image credit:trovestar Calが30から始まるムーブメントになったのは1980年頃ですかね? …