パテックフィリップ

パテックフィリップ アクアノートの歴史 歴代モデルを解説 1997-2006年

投稿日:2020年7月10日 更新日:

パテックフィリップは1997年、ノーチラスの廉価版という位置付けでアクアノートが発売されます。
ノーチラスのデザインに影響を受けていますが、ジェラルドジェンダデザインではなく、ノーチラスのような面倒くさそうなケース構成でもなく、基本的にラバーストラップが装着されます。

image credit:govbergwatches

デザインは、スタイリッシュさはあんまりありませんが、ノーチラスに比べるとスポーティーさが強いです。
文字盤はチョコレートのようなブロックが突起したエンボス加工が施されます。

そして特徴の1つであるラバーストラップです。

image credit:lunaroyster.com

海水や紫外線、バクテリアに強いコンポジット素材を採用した「トロピカルバンド」、切らないと使えないのが玉に瑕ですが。
パテックフィリップで初めてラバーストラップを装着したモデルがアクアノートです。

5060A(1997-)

image credit:timepeaks.com

アクアノートの始まりである1stモデル。
ケースサイズは35.6mm、当時のノーチラスより一回り小さいです。
スクリューバックの裏蓋ですが、防水性はノーチラス3800と同じく120m

ムーブメントはCal.330SC

image credit:bukowskis.com

振動数は21,600のパワーリザーブ48時間。3.5mmと薄型ムーブメントで21金のローターが付きます。シースルーではないので見ることはできませんが、流石はパテックフィリップと言ったところですか、巧妙に仕上げています。

生産終了年数は不明ですが1-2年程度?と言われています。正確には限定の公表はされていませんが生産本数は後述するイエローゴールドモデルと合わせて1000本と言われています。

またブレスレットタイプもありますが、ノーチラスとは違い全体的に光沢があります。

image credit:pinterest.jp

5060J

image credit:ppts.jp

イエローゴールドモデル
5060Aと共に初期モデルとして登場しますが、実際にはアクアノートという名前はついていなかったそうです。ノーチラスの1モデルとして言及されており、5060Aの前身になっています。

文字盤は3800で96年頃に登場したリーフ針、ローマ数字、トラックミニッツ仕様で、ノーチラスの繋がりが出ています。
白文字盤もありますが、こちらもノーチラスと同じような文字盤が使われます。

image credit:veryimportantlot.com

どちらともラバーストラップではなくレザーベルトを装着しています。

5060Jは2002年に生産が終了したと言われています。
シースルーバックモデルも出ています。

5066(1998-2006)

image credit:hqmilton

5060の後継モデル。ケースサイズは5060と同じく35.6mm
ムーブメントもCal.330SC
ほぼ5060と同じに見えますが、シースルーバックが導入されます。

image credit:hqmilton

5066A SSラバー
5066/1A SSブレス
5066J YGラバー
5066/1J YGブレス

5065(1998-2006)

image credit:hqmilton

ジャンボの名前を持つノーチラス。でかいのだろうかと思いきや38mmサイズ。1998年当時ではデカかったそうで…5060と同じくサファイアのシースルーバック。
ムーブメントはCal.315SC

image credit:hqmilton

基本的にCal.330と同じです。

5065A SSラバー
5065/1A SSブレス
5065J YGラバー
5065/1J YGブレス

5064(1998-2006)

image credit:acewatch.com

クォーツモデルでケースサイズは34mm。
ムーブメントはCal.E23SC

4960Aが1998年
ダイヤベゼルの5067Aが2004年から登場します。

こうして見ると5060J以外全部同じ顔ですね。

 

“パテックフィリップ アクアノート歴代モデルを解説 2007年~”

-パテックフィリップ
-,

執筆者:


  1. YM より:

    はじめまして。
    わたくし一般のブログ読者でございます。ブランドが絞られ、時計好きがワクワクする記事のラインナップかつ充実した内容で定期的に楽しませていただいております。
    今回、ご相談させていただきたいことがあり、連絡させていただきました。
    もしよろしければメールをいただけますと幸甚です。
    よろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

パテックフィリップ パーペチュアルカレンダーの歴史、歴代モデルを解説

パテックフィリップを語る上で欠かせないのがパーペチュアルカレンダー。ミニッツリピーターやトゥールビヨンなど他にも素晴らしい機構がありますが、パーペチュアルカレンダーは最も実用性に優れた機構であると感じ …

パテックフィリップ カラトラバ 96シリーズの歴史を解説!!

96とはパテックフィリップ、カラトラバの最初のリファレンス。1932年に誕生します。 カラトラバといえばシンプルかつドレッシーな時計で有名ですが、手巻き3針の96は代々受け継がれていってます。その96 …

パテックフィリップ アクアノート歴代モデルを解説 2007年~

アクアノートが登場して10年の2007年に第3世代として5167が登場します。現在に至るまで現行品として居座り続けていますが、登場から現在までのモデルを見ていきたいと思います。 それ以前は パテックフ …

パテックフィリップ ワールドタイム歴代モデルを解説 2000年-

記念すべき2000年にパテックフィリップからワールドタイムが戻ってきます。35年の時を経て2000年から現在までどのような変化、モデルが出てきたのか見ていきましょう。 “パテックフィリップ …

パテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史を徹底解説 その1

アニュアルカレンダーの歴史は意外に浅く、1996年パテックフィリップによって生み出されます。アニュアルカレンダーは年に1回、2月にカレンダーを調整することが必要になります。それ以前は複雑なカレンダーの …