パテックフィリップ

パテックフィリップ アクアノートの歴史 歴代モデルを解説 1997-2006年

投稿日:2020年7月10日 更新日:

パテックフィリップは1997年、ノーチラスの廉価版という位置付けでアクアノートが発売されます。
ノーチラスのデザインに影響を受けていますが、ジェラルドジェンダデザインではなく、ノーチラスのような面倒くさそうなケース構成でもなく、基本的にラバーストラップが装着されます。

image credit:www.govbergwatches.com/blog/patek-philippe-aquanaut-20th-anniversary/

デザインは、スタイリッシュさはあんまりありませんが、ノーチラスに比べるとスポーティーさが強いです。個人的にはアラビア数字を消すとちょっとカッコ良くなるんじゃないかと思ってますが、それじゃあアクアノートでは無くなりますね…
文字盤はチョコレートのようなブロックが突起したエンボス加工が施されます。

そして特徴の1つであるラバーストラップです。

image credit:lunaroyster.com/product/1997-patek-philippe-aquanaut-ref-5060a-tritium-dial-orange-patina-1000-made-worldwide/

海水や紫外線、バクテリアに強いコンポジット素材を採用した「トロピカルバンド」、切らないと使えないのが玉に瑕ですが。
パテックフィリップで初めてラバーストラップを装着したモデルがアクアノートです。

5060A(1997-)

image credit:timepeaks.com/item/pvhv468/flist01/

アクアノートの始まりである1stモデル。
ケースサイズは35.6mm、当時のノーチラスより一回り小さいです。
スクリューバックの裏蓋ですが、防水性はノーチラス3800と同じく120m

ムーブメントはCal.330SC

image credit:bukowskis.com/en/auctions/618/6-patek-philippe-aquanaut-first-generation

振動数は21,600のパワーリザーブ48時間。3.5mmと薄型ムーブメントで21金のローターが付きます。シースルーではないので見ることはできませんが、流石はパテックフィリップと言ったところですか、巧妙に仕上げています。

生産終了年数は不明ですが1-2年程度?と言われています。正確には限定の公表はされていませんが生産本数は後述するイエローゴールドモデルと合わせて1000本と言われています。

またブレスレットタイプもありますが、ノーチラスとは違い全体的に光沢があります。(何だか微妙に安っぽいんですよね…やっぱアクアノートはラバーかな?)

image credit:pinterest.jp/pin/483362972492495782/

5060J

image credit:ppts.jp/category-1/category-10/ref-5060j/?sl=en

イエローゴールドモデル
5060Aと共に初期モデルとして登場しますが、実際にはアクアノートという名前はついていなかったそうです。ノーチラスの1モデルとして言及されており、5060Aの前身になっています。

文字盤は3800で96年頃に登場したリーフ針、ローマ数字、トラックミニッツ仕様で、ノーチラスの繋がりが出ています。
白文字盤もありますが、こちらもノーチラスと同じような文字盤が使われます。

image credit:veryimportantlot.com/en/lot/view/patek-philippe-aquanaut-herrenuhr-ref-5060j-010-145428

どちらともラバーストラップではなくレザーベルトを装着しています。

5060Jは2002年に生産が終了したと言われています。
シースルーバックモデルも出ています。

5066(1998-2006)

image credit:www.hqmilton.com/timepieces/l3wl5woe/patek-philippe-36mm-aquanaut-5066a-001-A2096

5060の後継モデル。ケースサイズは5060と同じく35.6mm
ムーブメントもCal.330SC
ほぼ5060と同じに見えますが、シースルーバックが導入されます。

image credit:www.hqmilton.com/timepieces/l3wl5woe/patek-philippe-36mm-aquanaut-5066a-001-A2096

5066A SSラバー
5066/1A SSブレス
5066J YGラバー
5066/1J YGブレス

5065(1998-2006)

image credit:www.hqmilton.com/timepieces/eoer8g04/2004-patek-philippe-aquanaut-5065a-6781

ジャンボの名前を持つノーチラス。でかいのだろうかと思いきや38mmサイズ。1998年ではデカかったそうで…5060と同じくサファイアのシースルーバック。
ムーブメントはCal.315SC

image credit:www.hqmilton.com/timepieces/eoer8g04/2004-patek-philippe-aquanaut-5065a-6781

基本的にCal.330と同じです。

5065A SSラバー
5065/1A SSブレス
5065J YGラバー
5065/1J YGブレス

5064(1998-2006)

image credit:www.acewatch.com/product/patek-philippe-aquanaut-5064a-001-36mm/

クォーツモデルでケースサイズは34mm。
ムーブメントはCal.E23SC

4960Aが1998年
5067Aが2004年から登場しますが、すみません、端折ります。

こうして見ると5060J以外全部同じ顔ですね。

-パテックフィリップ
-,

執筆者:


  1. YM より:

    はじめまして。
    わたくし一般のブログ読者でございます。ブランドが絞られ、時計好きがワクワクする記事のラインナップかつ充実した内容で定期的に楽しませていただいております。
    今回、ご相談させていただきたいことがあり、連絡させていただきました。
    もしよろしければメールをいただけますと幸甚です。
    よろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パテックフィリップ ノーチラスの歴代モデル 1976~2005年

ジェラルド・ジェンタ氏によりデザインされたパテックフィリップのアイコン的存在であるノーチラス。同じくジェラルド・ジェンタがデザインしたAPのロイヤルオークの4年後に発表されます。ライバル会社同士で同じ …

パテックフィリップ 歴代2カウンタークロノグラフの歴史 1998年~

手巻きの2カウンタークロノグラフといったら機能的に最悪な部類なのではないかと思いますが、パテックフィリップのクロノグラフはデザインが本当に素敵です。クロノグラフといったらスポーティーさが売りですが、パ …

パテックフィリップ ワールドタイム歴代モデル 1937-1965年

パテックフィリップのワールドタイムの歴史は1930年代後半から始まります。 当時としては瞬時に他国の時間がわかる画期的なシステムであったに違いません。今じゃそんなに有難くはないですが… ワールドタイム …

パテックフィリップ ワールドタイム歴代モデル 2000年-

記念すべき2000年にパテックフィリップからワールドタイムが戻ってきます。35年の時を経て2000年から現在までどのような変化、モデルが出てきたのか見ていきましょう。 5110(2000-2005) …

パテックフィリップ 96シリーズ

96とはパテックフィリップ、カラトラバの最初のリファレンス。1932年に誕生します。 カラトラバといえばシンプルかつドレッシーな時計で有名ですが、手巻き3針の96は代々受け継がれていってます。その96 …