パテックフィリップ

パテックフィリップ 2006年~ノーチラス歴代モデル一覧

投稿日:2020年6月23日 更新日:

1976年にノーチラス3700が発表されてから30周年の2006年に大きく一新されます。
箱もここら辺かこの少し後ぐらいで変わりますね。

image credit:www.filipucci.nl

image credit:www.pinterest.jp ↑昔の箱

さて、本題に戻ってノーチラスを見ていきましょう。

2006年以前は…パテックフィリップ ノーチラスの歴史 1976~2005年

5711(2006年-)

image credit:www.hqmilton.com

初代ノーチラス3700の新の後継モデルでもある5711/1A-001が登場します。他は邪道な後継モデルですからね 秒針は付きます。

ケースサイズは3700より1mm大きい43mm。(パテックや店によっては40mmと書いてあるところもありますが、それだとヒンジを抜いて10-4時位置で図ったサイズ)
厚さは3700が7.6mmに対し、5711は8.3mm。防水性は変わらず120m

水平エンボスの文字盤にSSモデルがようやく登場

シースルーバックのスリーピースケース

image credit:monochrome-watches.com

ムーブメントは2008年までCal.315SC、2008-2019年までCal.324SC、2019年からCal.26‑330SC

image credit:watchbase.com Cal.324

image credit:watchbase.com Cal.26-330SC

Cal.315は21,600振動ですが、Cal.324からは28,800振動にアップされます。
さらにCal.26‑330SCはからはハック機能が付きます。

5711/1A-001(2006-2010)

image credit:www.hqmilton.com

SS青文字盤

5711/1A-010(2010-)

image credit:www.hqmilton.com

SS青文字盤

5711/1A-001と余り違いがないですが、ブレスがピンに変わりました。

あと5711/1Aは文字盤がマイナーチェンジされており、2018年頃より「PATEK_PHILPPE_GENEVE」のロゴの入り方が変わります。下記に書いた5711/1A-011の白文字盤と同じように入るようになりました。

image credit:www.hqmilton.com ↑2018年以降

5711/1A-011(2012-2020)

image credit:www.hqmilton.com

SS白文字盤

5711J-001

image credit:www.chronometrie-pietzner.com

YG白文字盤 革

5711G-001

image credit:watchnerd.com

WGグレー文字盤 革

5711R-001

image credit:www.bachmann-scher.de

RGグレー文字盤 革

革ベルトのYG,WG.RGそれぞれ金無垢モデルが2007年にでますが現在は生産中止

5711/1R-001(2015-)

image credit:luxexpose.com

RGブラウン文字盤

2015年から、渋いですね~。

5711/1P-001(2016)

image credit:monochrome-watches.com

2016年にノーチラス40周年記念として5976と共に5発売されます。700本の限定品で文字盤はキモオタの好きそうな鮮やかなブルーで「40 1976-2016」の文字が入ります。プラチナ950のケースでインデックスがバケットダイヤが付いたゴージャスな造りで、もちろんケースの下のほうにプラチナの印である1粒ダイヤが入ってます

image credit:monochrome-watches.com

個人的にはやりすぎ感が有るような気がしなくもないです…

5712(2006年-)

image credit:www.hqmilton.com

1年経たずに生産終了した3712の後継モデル5712/1A-001
ぱっと見ほぼ3712と変わりません。

ケースサイズは3712が42mmに対して5712が43mm(パテックや店によっては40mmと書いてあるところもありますが、それだとヒンジを抜いて10-4時位置で図ったサイズ)
ケースの厚さも5711と同じく少し厚くなり、3712が8.37mm、5712が8.52mm

ムーブメントは3712同様Cal.240PS IRM C LU

image credit:watchbase.com

21,600振動でパワーリザーブ~48時間。マイクロローターがイカしてますね。
2009年からジュネーブシールがパテックフィリップシールに変更。

それと3712との違いは、文字盤の7時のインデックスの有無で見分けることがきます。

image credit:www.watchprosite.com

5712になると7時インデックスが無いです。ヒンジも丸くなってます。

文字盤マイナーチェンジがあり2008年にパワーリザーブ48時間の横にドットが1つ追加されます。

image credit:www.watchprosite.com

5712/1A-001(2006-)

image credit:www.hqmilton.com

SS青文字盤

5712G-001(2006-)

image credit:www.hqmilton.com

WGグレー文字盤 革

5712R-001(2006-)

image credit:www.pinterest.jp

RGブラウン文字盤 革

金無垢モデルは革ベルトオンリー、YGは無し

5712T-001

image credit:watchbase.com

Tiグレー文字盤 革

2007年のみ製造のチタンモデル。売ってるのを見つけるのは困難?見た目が5712と被ってますね~

5712GR-001 (2012-2015)

image credit:www.hqmilton.com

WG×RGグレー文字盤 革

ホワイトとローズゴールドのコンビの珍しいモデル。金×金コンビとか他にありますかね?

5980(2006年-)

image credit:www.hqmilton.com

ノーチラス初のクロノグラフモデル。ケース径は44mm(パテックや店によっては40.5mmと書いてあるところもありますが、それだとヒンジを抜いて10-4時位置で図ったサイズ)
厚さは12.16mm

6時位置のスモールセコンドにクロノグラフの分と時間をまとめることで文字盤のデザインがすっきりまとまってます。

ムーブメントはCal.CH28-520 C

image credit:watchbase.com

28,800振動にのパワーリザーブは~55時間
ローターは21K
2009年からジュネーブシールがパテックフィリップシールに変更。

現時点ではSSモデルは生産されておらず、金無垢、コンビ共々非常に人気故に値段もそれなりに高いです。

5980/1A-001(2006-2014)

image credit:www.hqmilton.com

SS青文字盤

5980/1A-014(2010-2014)

image credit:www.watchclub.com

SS黒文字盤

5980/1A-019(2012-2014)

image credit:www.hqmilton.com

SS白文字盤

5980/1R-001(2013-)

 

image credit:www.hqmilton.com

RG黒文字盤

5980/1AR-001(2013-)

image credit:www.harry-co.com

SS×RG青文字盤

5980R-001(2010-)

image credit:www.hqmilton.com

RGブラウン文字盤 革

5976/1G(2016)

image credit:monochrome-watches.com

5711/1Pと同じく2016年にノーチラス40周年で生産されたモデル。こっちはプラチナでじゃなくホワイトゴールド。1300個限定(5711/1Pと合わせて2000個)
こちらもダイヤインデックスでキモオタの好きそうな横線鮮やかなブルーで「40 1976-2016」の文字が入ります。
プラチナじゃないんでケースに1粒ダイヤは付きません。ですが、やっぱろやりすぎ感は否めない。

5800/1A-001(2006-2009)

image credit:www.europeanwatch.com

中型ノーチラスで3800の後継モデル。5711、5712、5980とこの5800が2006年に一新されたモデルたち。
ケース径は38.4mm(3800は37.5mm)当時5711が人気だったため中途半端なサイズの5800は短命に終わってしまいます。

ムーブメントはCal.330SC AIG

image credit:www.europeanwatch.com

SS青文字盤のみ

5726(2010年-)

image credit:www.hqmilton.com

アニュアルカレンダーモデル。2月のみ調整すれば良く後は30日と31日を判別してくれる便利な機械。まあ月1回ぐらい自分で調整すれば良いじゃんとか思いますけど…
ケース径は5980と同じ44mm(パテックや店によっては40.5mmとry)

ちなみに初のアニュアルカレンダーは1996年の5035(世界発らしい)
5726とちがいカレンダーディスクではなくインダイヤルで表示するタイプ

ムーブメントは5711の324系Cal.324S QA LU 24H

image credit:watchbase.com

アニュアルカレンダーと24時間計、ムーンフェイズが付きます。

5726A-001(2010-)

image credit:www.hqmilton.com

SS黒文字盤 革

発売当時は革ベルトのみで後からブレスレットタイプが登場します。

5726/1A-001(2012-2019)

image credit:www.italianwatchspotter.com

SS黒文字盤

5726/1A-010(2012-2019)

image credit:www.italianwatchspotter.com

SS白文字盤

5726/1A-014(2019-)

image credit:www.avenwatchesalike.co

SS青文字盤

5990/1A-001(2014年-)

image credit:www.hqmilton.com

トラベルタイム、クロノグラフ。5980がちょいと進化したモデル(5980はまだ生産されてますが…)
ノーチラスの5164にクロノグラフが付いた感じです。

ケース径は44mm(40.5ry)

ムーブメントはCal.CH28-520C FUS

image credit:watchbase.com

ホームタイムとローカルタイムで昼夜のインジケーターが表示されます。

image credit:www.dreamchrono.com

今までのノーチラスはヒンジの隅にあるネジで固定されるタイプでしたが、5990はこのタイプと異なります。9時位置のヒンジが無くなり、3時位置にも5980と違い中央寄りにプッシャーが配置されてます。デザインは同じで新しい種類の時計とも言われてます。

image credit:www.hqmilton.com

image credit:www.hqmilton.com

SS黒文字盤のみ

5740/1G-001(2018年-)

image credit:www.hqmilton.com

遂にノーチラスでパーペチュアルカレンダーがでます。
18金ホワイトゴールドでブルー文字盤。通常の青でなく2016年に登場した5711/1P,5976/1Gと同じ鮮やかな青色。ブルーソレイユ文字盤とも呼ばれてます。ソレイユはフランス語で太陽なので青い太陽文字盤ってことですね。

ケース径は44mm(40.5ry)

ムーブメントはCal.240Q

image credit:watchbase.com

21,600振動のパワーリザーブ~48時間。ローターは22金。
パーペチュアルカレンダーの割に3.88mmの超薄型ムーブメント
このムーブメントのおかげでケースの厚さがわずか8.42mm

パーペチュアルカレンダーは1度合わせると楽そうですが、合わせるのが面倒くさいんですよね(所有したことがないので”そう”で語ってます。買える金額じゃないですよ…)

WG青文字盤のみ

定価が1400万ぐらいですが、2000万越えぐらいで売ってますね。

 

 

レディースモデルとかダイヤ付きとかは許して…

-パテックフィリップ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史 その1

アニュアルカレンダーの歴史は意外に浅く、1996年パテックフィリップによって生み出されます。アニュアルカレンダーは年に1回、2月にカレンダーを調整することが必要になります。それ以前は複雑なカレンダーの …

パテックフィリップ アクアノート歴代モデル 2007年~

アクアノートが登場して10年の2007年に第3世代として5167が登場します。現在に至るまで現行品として居座り続けていますが、登場から現在までのモデルを見ていきたいと思います。 それ以前は パテックフ …

パテックフィリップ 歴代2カウンタークロノグラフの歴史 1998年~

手巻きの2カウンタークロノグラフといったら機能的に最悪な部類なのではないかと思いますが、パテックフィリップのクロノグラフはデザインが本当に素敵です。クロノグラフといったらスポーティーさが売りですが、パ …

パテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史 その2

1996年登場のアニュアルカレンダーは数多くのモデルが出ています。その2では2006年からのモデルを見ていきます。 その1⇒パテックフィリップパテックフィリップ 歴代アニュアルカレンダー 歴史 その1 …

パテックフィリップ ワールドタイム歴代モデル 2000年-

記念すべき2000年にパテックフィリップからワールドタイムが戻ってきます。35年の時を経て2000年から現在までどのような変化、モデルが出てきたのか見ていきましょう。 5110(2000-2005) …